ホーム
シルバー人材センターの仕組み
シルバー人材センターの会員になるには
シルバー人材センターに仕事を頼むには
menu_line
シルバー人材センター連合会について
menu_line
menu_line
SP地域事業 menu_line 無料講習 menu_line
menu_line
SP地域事業 menu_line 無料講習 menu_line
Q&A
リンク集
連絡先一覧
シルバー人材センターの設置状況
お問い合わせ
公益社団法人宮崎県
シルバー人材センター連合会
〒880-0867
宮崎県宮崎市瀬頭2丁目6番14号
TEL:0985-31-3775
FAX:0985-31-3776
E-mail:miyaken@sjc.ne.jp
HP:http://www.miyazaki-scr.jp/
メール ご案内地図
Active Aging(活力ある高齢化)

シルバー人材センターの会員になるには

■ 入会について

   原則として60歳以上の健康で働く意欲があり、センターの趣旨目的等に賛同した方であれば入会することができます。
   定められた入会説明会(もしくは入会についての説明)を受け、入会申込書の提出が必要です。また、センターで定められた会費(年会費)を納入することになります。
   入会手続を行ったセンターの理事会にて承認されれば会員として登録されます。会費はセンターによって異なりますが、1,000円〜3,000円程度です。

入会についての流れ

   入会への詳しい手続は、居住地のシルバー人材センターへお問い合わせください。

■ 会員がシルバー人材センターで働く場合は

  • シルバー人材センターは、高齢者にふさわしい仕事を企業・家庭・公共団体等から引き受け提供します。
  • シルバー人材センターから提供された仕事に就いた場合、会員がその仕事を請け負うこと又は任せられたこと(再請負、再委任)になります。
  • 仕事は会員自身の技能を活かし責任を持って完成させます。
  • 働く期間が長期の場合、会員は通常ローテーションにより就業します。
  • 会員が働いた仕事量に応じて、シルバー人材センターが「配分金」を支払います。

■「会員として働く時」と「雇用されて働く労働者」との違う点

   シルバー人材センターから提供された仕事を行う場合、民法上の請負もしくは委任という形で会員は働くため、会員とセンター、発注者との間に雇用関係(指揮命令等)が生じず、労働関係法規での雇用労働者とはなりません。
   そのため、労働関係法規は適用されません(労災保険等)。また、配分金はあくまで働いた仕事量に応じて支払われますので、一定の就業日数や収入が保障されるものではありません。

▲ PAGE UP

Copyright © 2005 公益社団法人 宮崎県シルバー人材センター連合会 All Rights Reserved.